お得物件とアフターサービス

グーグルが、店舗情報登録/検索サービス「Google プレイス」を強化し、営業中の店舗を探せる機能を追加しました。Google プレイスは、店舗などの情報を検索できるサービス。検索結果から住所や電話番号、地図、画像、レビュー、クーポンなどが確認可能です。新たに設けられた「現在営業中」ボタンをクリックすると、その時点で営業している店舗を探せる。評価や現在地からの距離で表示店舗を絞り込めます。さらに、店舗の写真や営業時間を検索結果に表示し、情報を一目で把握できるように改良しています。地図を見たり店舗に電話をかけたりするためのボタンも大きく押しやすいものに変えたそうです。Googleプレイス枚方市のケイコウ建材さまのご紹介です。建具加工・工事業 建具工事業 ガラス工事業米Googleは2月24日、検索アルゴリズムの大幅な改良を明らかにした。検索クエリーの11.8%に大きな影響を及ぼすという。まず米国で導入し、その後ほかの地域にも拡大する予定だ。同社は今回の変更の目的について、質の低いサイトの検索順位を下げるためのものと説明している。質の低いサイトには、ユーザーへの付加価値が低いもの、ほかのサイトのコンテンツのコピー、あまり役に立たないサイトなどが含まれる。一方で、オリジナルのコンテンツや、調査、掘り下げたリポート、徹底した分析などの情報がある質の高いサイトの順位は高くなるという。「大きな改善を加えれば、多くのサイトに影響が出ることは避けられない。順位が上がるサイトがあれば、下がるサイトも出てくるのは必然だ。

“共同創設者のラリー ペイジのかつての言葉のとおり、「ユーザーのニーズにぴったり一致するものを返す」ことです、
だそうです。だからこそ、性能いい検索エンジンが日々進化するのです。
Google が現時点でその理想を 100% 達成したとはいえませんが、Google 全体でその理想に近付いていくための新しいテクノロジーの開発は絶えず続けています。

ユーザーが検索キーワードを入力していないときでも、Google のコンピュータは休んでいるわけではありません。「Googlebot」というクローラを使い、ウェブの解析処理をリアルタイムで続けており、
蓄積したページ情報を基に、Google はインデックスを作成します。
そして、ユーザーが Google の検索ボックスに検索キーワードを入力すると、Google のシステムはこれを受け取り、インデックスに登録済みの全ドキュメントを参照して、最も一致するページを割り出すということです。

AdWordsとは、
広告主が用意した簡単なテキスト広告を、検索結果の横や多数のパートナー サイトに表示できることです。
ターゲットとするキーワードは広告主が自ら指定することができ、料金が発生するのはユーザーが広告をクリックした場合のみなので、無駄なコストがかかりません。
広告テキストの作成やオンライン広告配信アカウントの管理は簡単で、多額の初期費用も必要もなく始めることができます。


オーダーメイド鏡販売のユーアーツ